【盆提灯 対絵柄 盆ちょうちん お盆 提灯】 住吉提灯 8号 銘木けやき 「春菜」対柄 八番【一対入】 G18-XH 【smtb-s】【】【】

【盆提灯 対絵柄 盆ちょうちん お盆 提灯】 住吉提灯 8号 銘木けやき 「春菜」対柄 八番【一対入】 G18-XH 【smtb-s】【】【】

¥51,666税込  ¥33,583税込

商品説明

銘木けやき 春菜対柄 八番【一対入】
絹二重
サイズ 高さ136cm×火袋の直径26φcm
電源:コード式

※こちらの商品は、左右対称一対柄になります。
単品での販売は出来ません。

◆「お盆」「盆提灯」「ぼんちょうちん」について

故人がお亡くなりになられた後四十九日の忌明け後、初めてお迎え頂くお盆を「新盆」(にいぼん)や「初盆」(はつぼん)と言います。
お盆とは東京では7月13日から16日、その他の地域では8月13日から16日(旧盆・きゅうぼん)までに行われるのが一般的です。13日に迎え火で先祖、故人の霊をお迎えし、16日に送り火でお送り致します。
お盆の際用意して頂くものとして、「白紋天」(しろもんてん)、「提灯」(ちょうちん)、「住吉提灯」(すみよしちょうちん)「御殿丸」(ごてんまる)と呼ばれる吊り下げる形のもの、「行灯」(あんどん)「廻転灯」「回転灯」(かいてんとう)と呼ばれる足付きのもの等がございます。
ご用意頂く提灯、行灯につきましては地域性もございます。
一例として、九州地方で多く用いられる「御殿丸」(ごてんまる)や、茨城、九州、山陰山陽地方で用いられる「住吉提灯」(すみよしちょうちん)、福島県などでは「いわき提灯」で戒名をお入れする場合もあります。お贈り頂く地域を考慮頂き、お選びになるのが宜しいでしょう。